豊胸治療を受けるなら注意したいこと3点

豊胸のダウンタイムを確認しておきたい

若い頃はバストにハリや弾力がありますが、加齢と共に下垂をしたり、しぼんでしまったので悩んでいる人もあります。Aカップ以下の小さいバストの人は、1カップから2カップ程度は、バストアップをしたい人も多いです。美容外科のクリニックで、豊胸の施術を希望している人が増えていますが、いくつかの注意点を知っておく必要があります。豊胸手術にはシリコンバッグを挿入する方法や、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法などがあります。どのタイプの美容整形にも、メリットとデメリットがあります。美容外科のクリニックを選ぶ時は、メリットだけでなく、ダウンタイムの長さやデメリットなどの説明を受けておくことが大事です。納得が行くまで、説明を受けるようにしましょう。

シリコンバッグの豊胸はダウンタイムが長い

シリコンバッグを挿入する方法は、2カップ程度バストアップが出来ますが、多少は傷跡が残ったり、腫れや内出血などのダウンタイムが長い傾向があります。自宅でマッサージなどのホームケアしたり、定期的な通院が必要です。なるべくダウンタイムが短く、体に負担の少ない豊胸の施術を受けたい人が増えています。ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法は、大変ポピュラーな美容整形ですが、脂肪注入法は痩せ型の人には適していない場合もあります。美容外科のクリニックでは、豊胸手術の注意点を聞いておくことが大事です。日帰りで治療が受けられる豊胸の治療は、仕事や家事、育児で忙しい人には人気があります。事前に大体の予算を伝えておくと、最適な豊胸の方法を提案してもらえます。

© Copyright Perform Breast Augmentation. All Rights Reserved.